読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本一マイナス5歳肌が好きな男 

30代ずぼらOLがわりとどうでもいいことやスキンケア情報をのんびりと更新しています。

今日も取りとめもなくきれいな肌を作るケアについての考えを書いてみる

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

しばしば「化粧水はケチらない方がいい」「たっぷり贅沢につけた方が肌のためにもいい」という風に言われていますね。間違いなく使用する化粧水は少量より十分な量の方がいいかと思います。

最近注目されているプラセンタが化粧品や健康食品・サプリに有用な成分として使われているのは広く知られていることで、新しい細胞を作り、新陳代謝を活発化させる薬理作用により、美肌や健康維持に高い効果を発現させます。

まず第一に美容液は肌を保湿する効果が間違いなくあることが肝心なポイントなので、保湿剤として働く成分がどれ程含有されているか確かめるといいでしょう。いっぱいある中には保湿オンリーに集中している製品なども見受けられます。

「美容液」といっても、とりどりのタイプがあって、単純に一言で述べるのは少々難しいのですが、「化粧水と比較するとより多く効き目のある成分が使われている」というような意味 に近いと思われます。