読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本一マイナス5歳肌が好きな男 

30代ずぼらOLがわりとどうでもいいことやスキンケア情報をのんびりと更新しています。

本日も得した気分になる?きれいな肌を保つ方法についての考えを書いてみます。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

年齢による肌のヒアルロン酸の低減は、肌の若々しさを著しくダウンさせるのみならず、皮膚のハリも奪って肌がカサカサになる乾燥肌やシミ、しわ増加の誘因 になる恐れがあります。

保湿成分であるヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンによって形成されたネットワークの間を埋めるように多く存在しており、水を抱え込むことにより、たっぷりと潤った贅沢な張りのある肌に整えてくれるのです。

まず何と言っても美容液は肌への保湿効果を確実に持ち合わせていることが大変重要なので、保湿剤として機能する成分がどれくらいの比率で含有されているか確かめるといいでしょう。多くの製品の中には保湿だけに集中している製品も存在しています。

知名度抜群の成分セラミドにはメラニンの合成を気になるシミ・そばかすを予防する大切な美白効果と肌の保湿を行うことで、乾燥肌やシワ、肌荒れのような憂鬱な肌の悩みを予防してくれる優れた美肌作用を持っています。