読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本一マイナス5歳肌が好きな男 

30代ずぼらOLがわりとどうでもいいことやスキンケア情報をのんびりと更新しています。

本日も暇なのでいきいき素肌を保つケアについての考えを書いてみます。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

プラセンタ配合美容液と言えば、老化による肌トラブルの改善や皮膚のターンオーバーの促進による美白作用などの特化した効能を持つ印象がある一歩進んだ肌ケアのための美容液ですが、気になるニキビの炎症を緩和し、皮膚が陥没したニキビ痕にも効果があると口コミでも大評判です。

コラーゲンを有するタンパク質系の食品を意識的に摂取し、その効用で、細胞と細胞がなお一層強く結びついて、水分を守れたら、若々しい弾力のある美的肌と言われる肌になるのではないかと思います。

しばしば「化粧水をちまちまと使っても効果はない」「浴びるようにバシャバシャつけた方がいい」という話を聞きますね。その通り明らかに潤いをキープするための化粧水の量は少量より多めに使う方が満足のいく効果が得られます。

最近よく聞くプラセンタいう言葉はもとは英語で胎盤を表すものです。基礎化粧品や健康食品・サプリメントで近頃よくプラセンタを配合したなど見ることがありますが、これについては器官としての胎盤そのもののことをいうのではありませんからご安心ください。