読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本一マイナス5歳肌が好きな男 

30代ずぼらOLがわりとどうでもいいことやスキンケア情報をのんびりと更新しています。

本日も何気なくツルツル美肌になる方法の事をまとめてみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

セラミドは肌の潤いのような保湿の能力を改善したり、肌より不要に水分が出て行ってしまうのを着実に食い止めたり、外界からのストレスや汚れや雑菌の侵入をきちんと防いだりする役割を果たしてくれます。

セラミドは肌に潤いを与えるような保湿作用を改善したり、皮膚より水が出て行ってしまうのを確実に押さえたり、外側から入る刺激あるいは汚れや黴菌などの侵入を防御したりする役目を持っています。

タンパク質の一種であるコラーゲンは伸縮性を持つ繊維状で存在する組織で細胞同士を確実につなぎ合わせる役目を果たしますし、水分保持能力のあるヒアルロン酸は繊維状に結合して構成されたコラーゲンの隙間に存在して、水分の蒸発を防止する役割をします。

美容に関する効果を目的として使用されるヒアルロン酸は、保湿やエモリエント効果を謳い文句としたコスメやサプリメントなどで利用されたり、危険性が少ない物質なのでヒアルロン注射という治療法としても応用されています。