読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本一マイナス5歳肌が好きな男 

30代ずぼらOLがわりとどうでもいいことやスキンケア情報をのんびりと更新しています。

本日もあいかわらずアンチエイジングの事を書いてみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

かなり乾燥した皮膚の状態で困っているならば、身体の組織にコラーゲンが十分にあれば、水がきちんとキープされますから、乾燥肌対策にだって間違いなくなるのです。

アトピーの治療の際に使われることもある注目の保湿成分セラミド。このセラミドの効果を利用した潤いを保つ化粧水は保湿能力が高く、アレルギー源などの刺激から肌を守りケアする働きを高めてくれます。

セラミドは角質層を健全に維持するために必須の要素であるため、加齢が気になる肌やアトピーでダメージを負った肌にはセラミドの継続した補充は何とか欠かしたくない対策法の一つであることは間違いありません。

コラーゲンという化合物は高い柔軟性を有する繊維状のタンパク質の一種で細胞と細胞を密につなぐために機能し、強力な保水能力で有名なヒアルロン酸は繊維状に結合して構成されたコラーゲンの隙間に存在して、水分の蒸発を防止する役割をします。